リゼノール,効果を上げる

リゼノールの効果を上げたいのであれば・・・

リゼノールはとチントレ

 

サプリを飲むだけでも効果はあるが、もっと効果を早く出したいのならチントレを取り入れるのが良いです。

 

チントレとは「チンコトレーニング」の略です。

 

筋トレと同じで、ペニスも鍛えることで大きく強くなります。

 

筋トレの時にプロテインを飲むと、筋肉の増強に効果的なのと同じです。

 

私はリゼノール100Eの効果を上げるために、2日に1回はチントレをしていました。

 

チントレしてリゼノール100Eを飲む、この方法で効果を飛躍的に上げることが可能です。

 

チントレするとペニスの海綿体細胞が一度壊れて再生します。

 

細胞の再生能力をサプリが増強するため、チントレとサプリは有効なのです。

 

 

私が実践したチントレの詳細

私がリゼノール100Eを飲み始めて効果を感じ始めた頃、もっと効果を上げる方法がないか探していると、チントレを一緒にするという情報を仕入れました。

 

チントレの方法もいくつかあるんですが、代表的なものが「ミルキング」と「ジェルキング」という方法。

 

ミルキングのやり方

 

リゼノールとミルキング

 

ミルキングのやり方は、ペニスを片手で握って、ペニスの付け根側の指から順番に強く握っていく方法です。

 

乳搾りのように、指をなめらかに動かして、亀頭へ血液を送るイメージです。

 

このイメージが大切で、実際に亀頭へ血液を送り込むと、亀頭や竿の血液を貯めこむ体積が増えます。

 

よって、ペニス全体の増大効果が得られるのです。

 

 

ジェルキングのやり方

 

リゼノールとジェルキング

 

一方ジェルキングは、ペニスにジェルを塗って行います。

 

右手、左手でOKマークを作り、片手でペニスの根本を握ります。

 

そのまま亀頭の方へ指をずらし亀頭の下まで来たら、もう片方の手でペニスの根本から亀頭へと指を動かしていく。

 

これも亀頭に血液を送ることで、増大効果が得られる方法です。

 

 

私はミルキングを採用しました。
理由はジェルを買うお金がもったいなかったからです。

 

 

具体的にどうやってトレーニングしたのか?

実際に私は仕事が終わって、帰宅後、風呂に入る前に大体オナニーするんですが、このオナニー前の10分間でミルキングを実践しました。

最初はちょっと痛みを感じたんですが、力加減のコツさえ掴めば、あとは簡単です。

 

右手でペニスを握り、小指→薬指→中指→人差指の順に力を入れて握ります。
慣れてくると、だんだん気持ちよくなってきます。

 

ペニスをいじってるんで、当然勃起しますけど、あとで発射するんで構わずミルキング。

 

だんだんムラムラしてくるので、AV鑑賞しながらミルキング。

 

10分間ミルキングを終えたら、そのままオナニーしてスッキリです。

 

リゼノールとミルキングを実践

 

入浴して、リゼノール100Eを飲んで就寝です。この方法を繰り返していました。

 

人は寝ている間に男性ホルモンの分泌が活発になるため、就寝前にサプリを飲むと、ホルモン分泌をより活発にしてくれます。

 

 

チントレは毎日やってはダメ!

私は10分間のチントレ(ミルキング)を2日に1回行いました。

 

2日に1回が効果的な理由は、細胞に超回復をさせるためです。

 

この超回復は筋トレに用いられる現象で、筋肉は一定の負荷を受けると筋肉細胞の破壊が起こり、24時間〜48時間かけて修復を行います。

 

リゼノールと超回復

 

修復された筋肉細胞は以前受けた負荷に耐えられるようにパワーアップして回復するのです。

 

これが超回復という現象です。

 

チントレも同じで、ミルキングなどで負荷を与えると、海綿体細胞の破壊が起こります。

 

海綿体細胞の修復も24時間〜48時間かかるため、チントレをした後1日は休んだほうが良いのです。

 

この方法を実践して最終的には2.5cmの増大効果が得られました。

 

リゼノール100Eの効果を上げたいなら、2日に1回のミルキングがオススメです。